ネットワークつるが日記

新事業スタートへ向けて

ネットワークつるが日記 写真
 

地震や事故また事件のニュースが連日報道されている令和6年。
平安の御代なら元号を改元していたに違いないと思いながら、新年がスタートして一ヶ月が経過しました。
不自由な生活を余儀なくされている被災者の方々に改めてお見舞い申し上げます。
一日も早く日常を取り戻せることをお祈りいたしております。
 
兼ねてより予告していました新事業の準備が本格化してまいりました。
弊社併設の店舗(旧 四川旬)にて、シェアキッチン「START UP BASE(スタートアップベイス)」を計画中です。
新たな飲食店の開業を目指すチャレンジのステップとして、またコロナ禍でやむなく営業を終えた老舗店舗さんの再出店や、更には料理系YouTubeの収録にも使えるキッチンスタジオとしてのご利用など、幅広く活用していただけるシェアキッチンを目指しております。
 
このシェアキッチン「START UP BASE」を経験し出店した店舗を求めて東京からの来店がある、また世界から求められる料理動画が配信される、そんな夢を抱いております。
 
開業までは多くの課題がありますが、辛抱強く解決し何とかオープンまでたどり着きたいと奔走しております。
進捗状況はSNSにて随時ご報告させていただきます。
皆様からのご指導も仰ぎたく、この場よりお願い申し上げます。
 
最も寒さ厳しい大寒のこの時節柄、皆様どうぞ健康にお過ごしいただきますことご祈念申し上げます。
今月もよろしくお願いします。

 

▽START UP BASE Instagram
https://www.instagram.com/start.up.base/

 

▽START UP BASE Facebookページ
https://www.facebook.com/start.up.base.tsuruga/

 

 

(奥野治樹)

 

どうなる2024

ネットワークつるが日記 写真
 

旧年中は並々ならぬご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 
ようやく日常を取り戻し、各地はコロナ前の賑わいで迎えた一年のスタートと思いきや、令和6年能登半島地震に羽田空港の大事故、皇居の一般参賀も中止となる過去に例を見ない正月となりました。
不幸にもお亡くなりになられました方々のご冥福をお祈りし、ご遺族に哀悼の意をお伝えします。
また負傷されました方々にお見舞い申し上げ、一日も早い回復をお祈り申し上げます。
 
北陸新幹線敦賀延伸開業の年を迎え、ここ敦賀にとっては、いよいよ新時代の到来です。
観光業とは直接接点の無い弊社にとっても、上京することは多く、乗換え無しでの東京は魅力的で、今から楽しみです。
ただチャンスはピンチ、大きな変化を迎える年だけに今一度足元を固め、ブレない企業である必要を感じております。
 
と言いながら、今年は弊社も新事業へのチャレンジを計画しており、昨年より準備に入っております。
詳細が確定し皆様にご報告できる段階まで辿り着きましたら、弊社webサイトにて発表させていただきます。
 
新年の営業は明日(5日)を仕事始めとさせていただきます。
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 
思いがけず厳しいスタートとなった令和6年、望むは安寧の一年となりますこと、また世界に平和が戻り、ここ敦賀の飛躍の一年となりますこと、そして皆様には健康に一年をお過ごしになられますことをご祈念申し上げます。
どうぞ本年も倍旧のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

(奥野治樹)

 

2023年 仕事納め

ネットワークつるが日記 写真
 

本日、無事に令和5年の業務を納めさせていただきました。
今年も一年間お世話になり、ありがとうございました。
 
ようやくコロナ禍を乗り越え、日常を取り戻したこの一年、アフターコロナのビジネススタイルについて探りながらの営業でしたが、そのスタイルは多岐に渡り未だ着地点は見つかっていません。
 
この厳しいコロナ禍を経験して、ペーパーレス化やリモート利用が日常化しました。弊社にとっては直接売上に影響のある分野で、直接収益減に繋がっています。とは言えこれも時代の向かうところ、弊社としても売上維持へのこだわりを捨て、お客様にとってのベストチョイス、また刻々と進化するweb環境を的確に捉え、必要とされるご提案をさせていただくよう、営業活動を心掛けてまいりました。
 
来年も変化する社会情勢を的確に把握し、お客様にとって最適なツールをご提案できるよう、時代の求めを把握しなければいけないと考えております。これからもお客様に必要とされる企業となれるよう心掛けます。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
 
年末年始は、12月29日(金)より新年1月4日(木)までを、年末年始の休業とさせていただき、令和6年1月5日(金)より新年の営業を開始いたします。
来る令和6年が皆様にとりまして、また、この国にとって安寧な過ごし易い1年となりますこと、世界から争いが無くなることを願い、何より皆様に幸多き1年となりますことをご祈念申し上げ、令和5年の仕事納めの御礼とさせていただきます。
 
インフルエンザの流行と、未だコロナ感染の報道も耳にします。充分な健康管理で新しい年を迎えられますことご祈念申し上げます。
どうぞ令和6年も、変らぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。

 

(奥野治樹)

 

師走に入りました

ネットワークつるが日記 写真
 

今年もはや最終月のスタートです。
北陸の冬を絵に描いたような空模様、厳しい季節の入り口を感じる12月のスタートです。
 
昨年までのコロナ禍での自粛ムードも解け、今年の年末は忘年会の案内などもいただいており、ようやく日常が戻って来たと実感している今日この頃です。
 
おかげさまで今年も多くのお仕事を承りました。
お声がけをいただく度に、有難く感謝いたしております。
心より御礼申し上げます。
 
まだ師走のスタート、一年を振り返る余裕はありませんが、今年も皆様に支えていただき、良い一年を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
 
まだまだ気を引き締めて、この1ヶ月を過ごしたいと思います。
何かと多忙で気忙しく、何となく追われているような年の瀬ですが、
 
「仕事に追われるな、仕事は追え」
 
の教訓を胸に年末を乗り切りたいと思います。
 
寒さ厳しくなる時節柄、皆さんどうぞご自愛いただき、健康に年の瀬をお過ごしください。
今月もよろしくお願いします。

 

(奥野治樹)

 

紅葉と秋晴れ

ネットワークつるが日記 写真
 

秋から冬へ向かう11月のスタート。
快晴の秋晴れとなりました。
 
今年の紅葉は例年より少し遅れているようで、公園の木々もまばらに色づいています。
穏やかな天候とは相反して、業務は繁忙期に向かい、年末の気忙しさを感じます。
 
年賀状印刷の準備もこれからですね。
今年も北陸新幹線開業PR年賀はがきが発売されるようです。
昨年同様の告知となりますが、弊社のオンデマンド印刷はインクジェットプリンター用はがきに非対応となるため、北陸新幹線開業PR年賀はがきのお持ち込みができません。
せっかくのお声がけをお断りするのは心苦しいのですが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 
北陸の厳しい冬がすぐそこまで来ています。
皆様にはご自愛いただき、健康にこの秋をお過ごしください。
 
今月もよろしくお願いします。

 

(奥野治樹)

 

実りの秋

ネットワークつるが日記 写真
 

収穫の秋、深夜の雨も浴びてたわわに実った稲穂。
氣比神宮氏子青年会の斉田の稲刈りご奉仕に参加させていただきました。

 

朝日に映える黄金色の稲穂からは、稲作の歴史と伝統を感じます。
天照大御神が瓊瓊杵尊に託したと伝えられるこの稲穂、長きに渡り日本の歴史の中で守り育んだ宝物です。

 

実るほど 頭を垂れる 稲穂かな

 

収穫前の稲穂を見ていつも頭に響く言葉です。
一年間その意識を持続させないと、と思うのも毎年この時期、謙虚に生きることは大切ですね。

 

年末年始に向かう準備で気忙しくなる日も間もなくです。
収穫前の稲穂のように、どことなく余裕と自信が湧いてくる、そして、見る人の気持ちが豊かになる、そんな仕事ができれば、と思う一日でした。

 

今月もよろしくお願いします。

 

(奥野治樹)

 

一年遅れの設立30周年

ネットワークつるが日記 写真
 

9月に入ると敦賀はお祭り一色、今年はコロナ前の規模で開催も決定、露店の準備も始まり老若男女問わず気持ちも高ぶります。

 

祭りの準備が進む氣比神宮で、弊社の法人設立30周年記念事業として南参道の石鳥居を建立奉納させていただきました。
本来ならば昨年30周年を迎えたのですが、コロナ禍で自粛ムードもあり控えておりました。
ようやく日常を取り戻しましたので、春から計画し本日竣工祭を斎行いただきました。

 

奉納にあたっては保育園時代からの旧友である、中村一男氏と共同で奉納させていただきました。
50余年を経過した今日にこうして共同奉納ができる友人が居ることに喜びを感じました。

 

建立には日頃からお世話になっている、株式会社宮川造園さまに設計施工管理を受諾していただき、何かと無理なお願いも快くお引き受けいただき、ありがたく感じております。

 

今日までご愛顧いただきました皆様がいらっしゃってこそ、こうして30周年を迎えらました。
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
これからは奉納者として恥ずかしくない企業となるよう努力いたします。
お世話になりました皆様に深甚なる感謝と御礼を申し上げます。

 

お祭り期間は会社も留守がちになるかと思いますが、何卒ご理解ください。
今月もよろしくお願いします。

 

(奥野治樹)

 

後半突入

ネットワークつるが日記 写真
 

今日から7月、今年も気が付けば下半期に入ることに・・・。
年々、時間の経過が早く感じられます。

 

昨日は、毎年の恒例となっています、氣比神宮の「夏越の大祓」に参列させていただき、今年の上半期の罪汚れをお払いしていただきました。

 

人は生きていれば知らず知らずのうちに、罪を犯し身は汚れてしまうとのこと、そんな罪汚れを半年分お祓いしていただける、そんな有難い神事です。
小雨混じりに蒸し暑い梅雨らしい天気の中でしたが、しっかりとお祓いを受けることができました。
感謝です。

 

宮司さんのお話の中で、今年は秋の例大祭もコロナ前の規模で開催されるとありました。
いよいよアフターコロナの生活を迎えます。
コロナ前に戻すのではなく、コロナ前より改良された社会に一歩前進させなければ、と強く思う今日この頃です。

 

暑さ厳しい季節、健康管理にはしっかりと注意が必要ですね。
今月もよろしくお願いします。

 

(奥野治樹)

 

敦高生ありがとう

ネットワークつるが日記 写真
 
樹木も萌える梅雨入り前のこの時期。
夏とはまた違う暑さに身体もダウン気味の今日この頃です。
 
毎日の日課となった徒歩出勤のコースで仮設の来迎寺橋を渡ります。
出勤時間がちょうど敦高生の通学時間と重なります。
橋の入り口に、仮設のため自転車は乗らずに、押して渡るよう表示があり、その表示を遵守し、敦高生は自転車を押して渡っていました。
 
当たり前のことですが、素晴らしい光景でした。
自分の高校時代に置き換えたなら、間違いなく自転車にまたがり、当然のごとく渡っていたことでしょう。
小さなことでもルールを守ることは、人が生きる上の基本です。
当然のことですが、その姿に感銘しました。
 
台風前の風の強い橋の上で「おはようございます」の挨拶を交わせるのも特別です。
敦高卒業生として、嬉しく、誇らしく、気持ちのいい朝で6月のスタートとなりました。
今朝の敦高生に感謝、ありがとう。
 
「光栄あれ 母校よ
     我等が 母校」
 
今月もよろしくお願いします。
 

(奥野治樹)

 

待ちに待った

ネットワークつるが日記 写真
 
いよいよ今月8日には、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけが、現在の2類相当から、5類感染症へ移行します。
ゴールデンウィークの人出も、コロナ禍前に近くなることが予想され、待ちに待った「日常」がそこまで戻って来ていると感じます。
 
様々な規制から解放されるのは嬉しいことですが、コロナを完全に克服した訳ではなく、今でも感染者の報告が上がっています。
油断せず徐々に平常に戻ることを意識しなければいけないですね。
 
コロナ禍を経験したからこそ「変化しないといけない」そんなこともあるかと思います。
特にビジネスの世界は考えるべきことが多く、弊社の業務やお取引様との仕事のスタイルなど、コロナを経験した今だからこそ今一度よく考え、これからの時代に相応しい営業方法を考えたいと思っています。
 
私ごとになりますが、少し体調を崩し病院のお世話になり、業務から離れています。
ご迷惑をお掛けし申し訳ありません。
一日も早い復帰を目指して、治療に専念しております。
 
健康は自身の自覚が何より必要だと反省しながら、新緑萌える5月をスタートしました。
 
今月もよろしくお願いします。
 

(奥野治樹)

 

« 古い記事

Return to Top ▲Return to Top ▲