ネットワークつるが日記

新年を寿ぐ

ネットワークつるが日記 写真
 
明けましておめでとうございます。
旧年中は並々ならぬご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 
まだまだコロナ感染への配慮が必要な一年のスタートとなっています。
今年も諸々への配慮を要することとなるでしょう。
お互いの立場を尊重した業務を展開できるよう心掛けたいと思います。
 
弊社の新年の営業は本日(5日)を仕事始めとさせていただきました。
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 
2023年が安寧の一年となりますこと、また皆様には健康に一年をお過ごしになられますことをご祈念申し上げます。
どうぞ本年も倍旧のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 

(奥野治樹)

 

今年も1年ありがとうございました

ネットワークつるが日記 写真
 
本日、無事に令和4年の業務を納めさせていただきました。
今年も一年間お世話になり、ありがとうございました。
 
先の見えないコロナ禍のこの一年、コロナ対応のビジネススタイルを探りながらの営業でしたが、ベストは見つかりませんでした。
感染対策と並行して業務も通常に戻す、来年はウィズコロナの営業スタイルを考える年となりそうです。
 
この厳しいコロナ禍ですが、今までにはない多くの経験を重ね、業務の見直しもできました。
お客様のご負担を軽減し、スムーズな業務遂行のためのヒントを得ることもできました。
この経験を活かし、こらからもお客様に必要とされる企業となれるよう心掛けます。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
 
年末年始は、12月29日(木)より新年1月4日(水)までを、休業とさせていただき、令和5年1月5日(木)より新年の営業を開始いたします。
来る令和5年が皆様にとりまして、また、この国とこの世界にとりまして、安寧な過ごし易い1年となりますこと、そして皆様に幸多き1年となりますことをご祈念申し上げ、令和4年の仕事納めの御礼とさせていただきます。
 
コロナに加え、インフルエンザも流行しているようです。
充分な健康管理と万全の感染対策で、新しい年を迎えられますことご祈念申し上げます。
どうぞ令和5年も、変らぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。
 

(奥野治樹)

 

いよいよ師走

ネットワークつるが日記 写真
 
北陸の冬の入り口を感じる空模様で12月がスタートしました。
「どんより」の表現しか浮かばない今日の天気に、これから約3か月間この空に覆われるかと思うと気が滅入ります。
 
ただ、この季節を過ごすからこそ、春を迎えた喜びも大きく膨らむもの。
メリハリのある感性豊かな地域に生活ができていると喜べるよう、気持ちの持って行きかたをコントロールしたいものです。
 
おかげさまで今年も多くのお仕事を承りました。
お声がけをいただく度に、有難く感謝でいっぱいです。
まだ今年を振り返る余裕はありませんが、皆様に支えていただき良い一年を過ごさせていただきました。
ありがとうございます。
 
いよいよ師走、今年もあと1ヶ月となりました。
何かと気忙しい年の瀬となるでしょうが皆さんお身体ご自愛いただき、健康第一に乗り切りましょう。
 
今月もよろしくお願いします。
 

(奥野治樹)

 

冬の気配

ネットワークつるが日記 写真
 

11月は秋深まり厳しい冬の備えを準備する、ここ北陸に限らず少し重い季節のスタートではないでしょうか。
 
青空に紅葉は鮮やかに映えますが冬を感じさせる曇天に紅葉は、厳しい寒さと雪しか浮かびません。
年末の気忙しさを感じる今日の天気です。
 
年末と言えば年賀状ですね。
今年も北陸新幹線開業PR年賀はがきが発売されました。
弊社のオンデマンド印刷はインクジェットプリンター用はがきに非対応となるため、北陸新幹線開業PR年賀はがきのお持ち込みができません。
既にお問い合わせもいただいていますが、昨年同様とさせていただきます。
せっかくのお声がけをお断りするのは心苦しいのですが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 
厳しい季節の足音が聞こえてきましたが、皆さんお身体ご自愛いただき、健康に年末を乗り切りましょう。
 
今月もよろしくお願いします。

 

(奥野治樹)

 

メジャーリーグも大詰め

ネットワークつるが日記 写真
 

エンジェルスの大谷翔平選手が伝説のプレイヤーで日本でもその名を広く知られているあのベーブ・ルースの記録を超え「メジャー初」を刻んでいます。
自身の人柄の良さもあって、現地での大谷人気はかなり凄いようです。
 
日本人として彼の成績を誇らしく思うのはもちろんのこと、背中に「大谷翔平」と日本語で書かれたナンバージャージを着て応援する現地のファンの姿を見るに、80年前は戦火にあり互いに殺しあった国とはとても思えません。
 
そこには憎しみや悲しみを抑え込み、敗戦国として先進国に学ぶべきと考えアメリカを敵視から目標に切り替えた方向転換があったからでしょう。
戦後の混乱期を乗り越え、今の豊かな時代を築いてくれた先人の苦労の賜物であり、そこには両国の理解があって、今日のこの状況に至っていることは確かだと思います。
 
残念ながら、日本に対する隣国の考え方はこれと大きく異なります。
そこを多くは語りませんが、その結果がこれから先の国家繁栄にも影響を及ぼすとことは間違いないと思います。
まっ、ここで語るには大きな話になり過ぎましたが、一国民レベルでも考えておく必要があることと思い、長々と書かせていただきました。
ありがとう大谷翔平、そして頑張れ藤浪晋太郎!!
 
今月もよろしくお願いします。

 

(奥野治樹)

 

秋の入り口は

ネットワークつるが日記 写真
 

9月に入り日没の早さと、朝夕の涼しさに秋の入り口を感じます。
本来ならばこの時期は氣比神宮の神幸祭と例大祭の準備ですが、今年も残念ながら中止となりました。
 
今回の中止に至るまでに、宮司さんをはじめ神職さんも何らかの方法で開催できないか苦慮されたとのこと、開催された三国祭り等の視察をされたそうです。
結果として、「祭りで密を回避することは不可能」との判断から感染拡大防止と参加される方の完全を考慮し、今年も神幸祭は中止、例大祭は神職さんと関係者のみ参列の縮小となりました。
 
この決定に異を唱える声もあるようですが、全ては感染拡大防止の観点からの決定であり、安全に祭りを斎行するため、すなわち私たち市民の安全を最優先にした結果の判断です。
見切り発車で開催するのは簡単でしょうが、ここで中止を決断することは勇気を要したことでしょう。
 
この重大な決断に至った経緯と真意を理解し、苦渋の決断だったであろう決定に感謝すべきではないでしょうか。
今一度感染拡大防止を意識し、このコロナ禍を乗り越えるための基本に戻る必要があると思います。
来年こそは神幸祭と例大祭が盛大に開催できるためにも。
 
今月もよろしくお願いします。
 

(奥野治樹)

 

今年も違う夏

ネットワークつるが日記 写真
 

体温を超える気温を記録した8月1日、
危険を感じる暑さとは今日のことでしょう。
熱中症に対する警戒と、拡大を続けるコロナ感染からの予防、
結局今年も動けない夏になりました。
 
子どもの頃は8月に入ると
夏休みも後半に差し掛かったかのような錯覚に襲われ、
変に気持ちが焦った記憶が蘇ります。
まだまだ1ヶ月もあると思い、
気を緩めた瞬間から2度目の夏休みに突入
気が付くとお盆に
お盆が過ぎると夏休みの宿題完成へ向けて大幅な計画変更
そして結局やっつけ仕事で、できたようなできてないような。
 
更に焦りを煽るのが
24時間テレビ愛は地球を救う・・・
あの協賛CMが流れ始めると思いっきり暗くなったものです。
日テレさんには何の罪もないのに、ごめんなさい。
 
社会人となり夏休みとは縁遠くなったものの
この季節の解放感は格別です。
ただ、今年も熱中症とコロナ感染対策は怠ることなく
医療関係者の手を煩わせない行動管理のもと
今年の夏を楽しみたいものです。
 
今月もよろしくお願いします。
 

(奥野治樹)

 

今年もはや半分が過ぎました。

ネットワークつるが日記 写真
 

今日から7月、今年も半分が過ぎました。
昨日は、氏神様である氣比神宮にて毎年恒例となっています「夏越の大祓」に参列させていただき、今年の前半の罪汚れをお払いしていただきました。
 
人は生きていれば知らず知らずのうちに、ちいさな罪を犯し、身は汚れてしまうとのこと、そんな罪汚れを半年分まとめてお祓いしていただく、そんな神事です。
 
例年ならば梅雨の真っ最中のお祭りとなり、空模様を心配するところですが今年は真夏の暑さを感じさせる陽射しの照り付ける中、汗を流しながらの神事となりました。
7月を待たずに梅雨明けなんて、この先一体どうなるのか・・・。
 
異常気象で心配になるのが物不足。
夏野菜や海産物、それに何と言っても電力不足です。
 
節電を呼び掛け、公の建物の照明や空調をコントロールしているようです。
老朽化した火力発電所に火を入れたりもしているようですが多くの原子炉はいつでも再稼働ができるよう準備されているこの現状をどう考えているのでしょうか。
立地地域に生活する自分にとって、理解に苦しむところです。
この状況になってなお再稼働に踏み切れない発電所ならばもはや不要な施設でしかないと思います。
これから長く猛暑が続く予報が聞こえる中、再稼働の決断は今かと思いますが、いかがなものでしょう。
 
今月も暑さに負けず頑張ります。
よろしくお願いします。
 

(奥野治樹)

 

感染対策も自己責任へ

ネットワークつるが日記 写真
 

今日から6月、梅雨入り前の爽やかな空です。
コロナ感染者減少を背景に、国もイベントの開催緩和や、外国人観光客の受入を、敦賀市でも花火大会の開催決定など、コロナ前の社会に近づきつつあります。
感染者減少とは言え、決してコロナが終息した訳ではありません。今でも多くの新規感染者が報告され、そこには更に多くの濃厚接触者が認定されています。
 
コロナ終息までに段階を設けるなら、今からは「感染対策も自己責任」そんな時期に入ったかと思います。
 
感染者の報告以上に、無症状感染者が増えている今日、それぞれの判断で行動する。そして、その判断を周囲も尊重する。
 
アフターコロナまでは、相互理解で社会活動を展開しなければいけないと思います。それができれば、感染第7波を防ぎ、コロナ終息へ向かうでしょう。
 
弊社も引き続き、しっかりと感染対策を行い営業いたします。
 
今月もよろしくお願いします。
 

(奥野治樹)

 

草木萌える5月

ネットワークつるが日記 写真
 

昨日の朔日は日中汗ばむほどの暖かさに気持ちも明るくなる5月のスタートとなりました。
 
これまで弊社開業以来、毎月の朔日と15日は、毎日の水玉と榊立ての御水交換に加え御米、御神酒、御塩、そして榊を新調し神棚を清るのが決め事でした。
それが今月初めて朔日の榊を先月から持ち越しました。
続けていたことを変えるのは勇気のいることですが神棚で力強く新芽を芽吹かせているこの榊に生命の力と貴重な自然資源を感じ廃棄できませんでした。
 
常若の精神を重んじる神道では、決して褒められた行為ではありません。
しかし時代とともに変遷するのが「道」だと思います。
変えてはいけない「教」と変わるべき「道」
仏教と神道がそれぞれにこの国で崇拝されている理由も少しわかるような・・・
 
語るに分不相応なブログになってしまいましたこと反省しながら榊の新芽から何かしらのメッセージを感じた5月のスタートとなりました。
 
今月もよろしくお願いします。
 

(奥野治樹)

 

« 古い記事

Return to Top ▲Return to Top ▲